セキュリティ・キャンプ参加記

タイトル通り、8/14/2018から5日間参加したセキュリティ・キャンプの思い出をつらつらと書いていく記事です。

0日目

遠くから来る人は前泊したそうですが、僕はまあ名古屋なので特にそういったことはしませんでした。 ですが、やはり次の日に楽しいイベントがあると思うと夜も寝られませんでしたね。

1日目

朝早く起きて、8時くらいに家を出て、多分人生で初めて一人で新幹線に載って東京へ向かいました。正直東京の鉄道はよくわからなくて、ちょっと迷子になりかけましたね。

キャンプ会場に近くなるにつれてキャンプ参加者と見られる人が多くなってきて、いよいよなんだなぁなんて思いながら酷暑の中を歩いていました。東京は名古屋より涼しいかななんて思ってましたが完全に裏切られましたね。暑すぎる。背中はThinkPadのせいで重いし。

会場に着いて、まずは正面で写真を撮りました。が、すっごいブレてますねこれ.. 気づかなかった。

会場に入るとすぐに昼食が始まりましたが、当たり前のように知らない人だらけで最初は困りました。人生の中で親や友達がいない場面なんてそうそうありませんでしたからね。

ですが、ここはセキュリティ・キャンプです。名刺を交換するとTwitterで見たことがある人だらけで、ああこれがインターネット時代か、なんて思ってました。案外すぐに人と話せるようになったので良かったです。 あと、隣に座ってきたのが川合秀実さんだったのもびっくりしましたね。 僕はXトラック言語自作ゼミで川合さんの担当だったので、すぐに顔合わせできた感じですね。

昼食が終わり、開会式の部屋へ向かいます。名刺交換が始まっていたので僕も周りに合わせて配り始めましたが、不思議なことに(?)人が勝手に来てくれるので席から立たなくてもかなりの人と交換できました。インターネットと現実が初めて繋がった瞬間でした。

記念品にも驚きましたね、こんなにもらえるのか、と。初めてステッカーを手に入れた瞬間でもありましたが、ちょっと多すぎるのでとりあえずセキュキャンのステッカーだけラップトップに貼りました。

全体講義はなかなか聞けなさそうな話を始め、内容の濃いものでした。初日からこれかーって気分で聞いていました。

その後は部屋にチェックインしましたが、部屋が綺麗だ、という感想しか浮かびませんでしたね。不満はまったくないです。

そのあとはLT大会。正直全部聞きたかったですが、まあ無理なので適当に面白そうなのを聞いてました。LTというものを現実世界で初めて体験したので面白かったです。いつか自分でもやりたい。

グループワークでは、他の人がどんな動機でこの場所に来たかなどいろいろ聞けて勉強になりました。教師やチューターの人と話せたのも楽しかったです。

2日目

開発。以上。

ずっとJavaScriptエンジンを作ってました。さすがに一日の半分くらい画面に向かってると疲れますね。

水・ポカリスエット・お菓子が自動で供給されるのは良いシステムでした。お菓子はすごい勢いでなくなっていってました。

3日目

開発。以上。

というわけでもなかったですね。お仕事紹介がありました。なかなか普通に生活しているだけじゃ聞けないような話ばかりでした。

あと、講義中に周りの人と話していると色々と知見が得られて楽しかったです。自分は何も知らないんだなあということも自覚しました。

4日目

開発。以上。

開発できるのはこの日が最後だったので、Xトラック内での発表会がありました。 他のグループのやっていることは正直言って僕の専門外なので、凄いなあとずっと思いながら見ていました。個人的にはTLS1.3の実装がかっこ良かった。

一日の最後にはプレゼント大会がありました。これは事前に知らなかったのでかなり驚いた&&嬉しかったですね。運良くじゃんけんにも勝ったので一番最初に本とかを手に入れました。 ブラウザハック、欲しかったのでほんと嬉しかった。あとblack hatのシールとノートは宝物ですね。

あと食事が豪華だった。

5日目

8:30からグループワークが始まり、キャンプ後に何を目標に、何をするのかといったことを決めました。 他の人の意気込みを見て、自分の中の目標も少し変わりました。

そのあとは成果発表がありました。なぜか一番最初の発表だったので緊張しましたが、意外とウケがよかったので一安心。自分で作ったブラウザが意外とちゃんと動作するってことも確認できました。これからもJSエンジンの頂点を目指して頑張る。

閉会式は思ったよりもすぐに訪れました。もう終わりかあ、悲しい、っていうか明日模試じゃんなんて思いながらキャンプの幕は閉じました。

おわりに

他にも色々書きたいことがあるんだけど、文章が下手なのでうまくかけない。例えば:

  • 毎食毎食、食事が美味しかった。これを食べるために来たんじゃないかってくらい。
  • 本当に色々な人と現実世界で出会えた。尊敬している人といざ対面すると声が出なくなることも知った。
  • 僕の知らない、凄い人たちが沢山いることを知った。そんな人が自分の隣りに座っているようなすさまじいイベントだった。未来は明るい。
  • キャンプに関わったすべて人に感謝。

まだある気がするけど、今はとりあえずここまで。後で書き足すと思う。

あと来年以降キャンプに参加する人へ: セキュリティ・キャンプは自分の視野を広げることを始めとして、自分にとって本当にいい機会になると思います。応援してます。僕も精進します。

Written on August 24, 2018